Warning: include_once(/www/a-mail/enshu33.com/public_html/wordpress/wp-content/plugins/contact-form-7/wp-contact-form-7.php): failed to open stream: Permission denied in /www/a-mail/enshu33.com/public_html/wordpress/wp-settings.php on line 305 Warning: include_once(): Failed opening '/www/a-mail/enshu33.com/public_html/wordpress/wp-content/plugins/contact-form-7/wp-contact-form-7.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /www/a-mail/enshu33.com/public_html/wordpress/wp-settings.php on line 305 可睡斎 (袋井市久能・30番札所) | 遠州三十三観音霊場めぐり

三十番札所 萬松山 可睡斎

  • 御詠歌 : みをおさめ こころをきよく まびふせぐ ひぶせのあきは かすいにおわさん
  • 可睡斎
  • ご本尊
    :
    聖観世音菩薩
  • 所在地
    :
    静岡県 袋井市 久能2915
  • TEL
    :
    0538-42-2121
  • FAX
    :
    0538-42-1429
  • 可睡斎 縁起

    可睡斎の開創は、今からおよそ620有余年前に恕仲天誾(にょちゅうてんぎん)禅師が開いた寺で、万松山東陽軒と名付けたのが始まりとされている。降って十一代仙麟等膳和は、幼い家康を戦乱の中から救い出し岡崎城に送ったことが有り、後に、永禄11年(1568)家康が浜松城主に成ったおり、報恩の為に等膳和尚を城に招いた。その席でコクリコクリと無心に居眠りをする和尚を見て家康公はにっこりせられ『和尚我を見ること愛児の如し、故に安心して眠る、我その親密な情を喜ぶ、和尚眠る可し」と言って、それ以来「可睡和尚」と愛称せられ、後に寺号も万松山可睡斎と改めた後に十万石の待遇と徳川幕府最初の総録司という職を与えられた。
    ご本尊聖観世音菩薩は、頂上に大宝冠があり、自利、利他の二面が有る。自利面は心経によって知られ、利他面は観音経によって知られている。観音さまは、四方極楽世界において捕處の菩薩として常に阿弥陀如来に対し、衆生濟度の聖業を補佐さるる大士である。

    可睡斎 周辺図 -袋井市久能

      交通
    • 東名高速袋井ICより車で5分
    • 可睡バス停より徒歩5分

    [googlemap lat=”34.77450804364893″ lng=”137.92003512382507″ align=”undefined” width=”600px” height=”400px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP” kml=”http://enshu33.com/maps/map.kml”]可睡斎[/googlemap]

  • 袋井市久能の周辺図を大きな地図(Google Maps)で開く
  • 可睡斎 見所

      火肪守護の総本山
      可睡斎に奉祀する秋葉総本殿は、全国津々浦々に奉祀されている火防の神。


      毎年1月より4月末まで室内牡丹園開催
      ばたん園毎年4月中旬に開園

    遠州三十三観音霊場会事務局